ボランティアセンター


大和ボランティアセンター


大和市民活動センター

ボランティアセンターと市民活動センターの違い、ご存知ですか?

「名前は知っているけど、どう違うんだろう?」という事で、早速大和ボランティアセンターと大和市民活動センターでお話を伺って来ました。

ご説明の第一声が「ボランティアセンターの元々の始まりは、徳島善意銀行だったんです」
初めて聞いた善意銀行という言葉。「善意銀行って何???」
興味津々でお話を伺うと、

善意銀行というのはお金・物・労力・人・時間・知識を、ボランティアの方々と一緒にサービスを提供していた所だそうです。
昭和38年に基本要項が出来て、お金・物は善意銀行、労力・人・時間・知識はボランティアセンターへと役割分担されたという経緯があり、現在に至っているそうです。

ボランティアセンターは福祉に特化していて、福祉課題を持った人たちへのサービスが提供されています。

ボランティアセンターでは、主にボランティアを必要としている人と、ボランティアをしたい人とのマッチングを行なっています。

いろいろな相談に応じて、ボランティアの募集をかけたり、 利用出来るサービス機関や団体の紹介をしています。
一方ボランティアをしたい方には、活動場面の紹介、例えば障害児の外出支援や精神障害の方への社会復帰の支援などをしています。
この他にも、様々なニーズに対応出来るボランティアの育成も行なっているそうです。

これに反し市民活動センターの方は、福祉以外の活動で、市民が生活して行く為に課題が出来た時その支援を行なっているそうです。

結論としては、「福祉」に関わっているかどうかの違いでした。
疑問がまた一つ解決出来て、良かったです。