要介護5が要介護2に回復? (後編)



最近デュアルタクスといって、一度に複数の事を同時にやると脳の活性化の為にとてもいいと言われているのですが、お聞きなった事ありますか?

一緒に卓球を始められた奥様が「私でも難しい」とおっしゃっている、スコアを数えながら卓球をするという、難易度の高い事にもチャレンジされているそうです。

卓球の次に始められたのは「歌」
言語障害の後遺症が出ていたので、カラオケの機械を買って練習されたそうです。

新しい曲を覚えるのは容易ではありませんが、最近の歌やフランス語やドイツ語で歌う曲等、レパートリーもたくさんあるとの事でした。
週に一回、音楽に特化したデイサービスにも通われているそうです。

奥様の献身的なサポートや、周りの方々のたくさんのサポートが功を奏した、とてもいい例でした。

「好きな事を人の手を借りながらずっと続ける事が大切なんです」と、おっしゃった長渕さんの言葉に、「自分一人で頑張らなくていいんだ」とハットさせられました。
出来る事は自分で、出来ない事はお願いしてもいいんですね。

音楽療法の方が「人間は幾つになっても新しいことを吸収出来るので、諦めずいろいろな事に挑戦してみてくださいね」とおっしゃった言葉もとても印象的でした。
人生は、常にチャレンジですね~!