マリメッコ展





Bunnkamura で開催中のマリメッコ展

マリメッコは1951年にアルミ・ラティアによってヘルシンキで創業された、フィンランドを代表するデザインハウスです。

アルミはテキスタイルデザインを学んだ後、広告代理店で経験を積みマリメッコを設立。
才能あるデザイナー達が集い、優れたデザインと巧みなPR戦略で、マリメッコは60年代に世界的なブランドへと成長しました。

個性を尊んだカリスマ的経営者のアルミと、何よりも自由に創造することを好んだデザイナーのマイヤ。
この二人の出会いが、今日私達が「マリメッコ的」と感じる、代表的なイメージを生み出したと言っても過言ではないそうです。

マリメッコの生地と柄は、自然にヒントを得たフィンランドの伝統的なモチーフを、大胆でカラフルな抽象的デザインとして表した作品が多く、絶大な人気を誇りましました。

ヘルシンキのデザインミュージアムでは、マリメッコのファブリック・ヴィンテージドレス・デザイナー自身のスケッチや資料などが、常時数多く展示されているとの事でした。

「女性の自由と解放」
「モノではなく、暮らしを楽しむこと」

アルミから引き継がれた理念が、たくさんのデザイナー達に引き継がれたファブリックの歴史を十分堪能出来る、展示内容でした。

デザインの素晴らしさだけでなく常に時代の先を見据え挑戦し続けた、アルミの真の経営者としての姿に感銘を受けた、素晴らしい展覧会でした。