香りたつ装飾美術 高麗仏画







根津美術館の特別展「高麗仏画」に行って来ました。

この特別展では、11世紀~14世紀の高麗仏画の名画が一堂に集められており、東京でこれだけの作品が見られるのは初めて事だそうです。

作品の素晴らしさに圧倒されつつ一通り見て、今度は音声ガイドを借りて説明を聴きながらじっくり見て回りました。

描かれた頃の時代背景や、その作品に描き込まれている人物の詳しい説明を聞くと、一層作品の素晴らしさが実感出来ました。

38件の絵画と工芸作品を通して、趣の違う日本の仏教絵画と比較しながらの解説がとても興味深かったです。やっぱり音声ガイド、必要ですね~。

この仏画にはどんな想いが込められているんだろう?
人々はどんな思いでこの仏画を見ていたんだろう?
遠い昔に想いを馳せ、仏様に見守られていたせいか穏やかなひと時でした。