メゾン・エ・オブジェ・パリ2018







先日OZONEで開催された、フォームファッションコーディネーター・堀和子さんの「メゾン・エ・オブジェ・パリ2018」のセミナーに参加しました。

メゾン・エ・オブジェはインテリアに関するあらゆるデザイン・製品が一同に会する、世界最大級と言われているインテリア国際見本市です。

1月と9月の年に2回開催され、今年で創設24年目。今年は1月19日~23日にパリで開催されました。

1月展は日本からの出展も多く、今年は100社を超え、日本の丁寧なものづくりと完成度の高さが絶賛されたそうです。

インテリア小物から家具・装飾品・テーブルウエアなど「メゾン(家)」に関連する多彩なアイテムが一度に見られるデザイン見本市、インテリア好きにはたまりませんね。


デザイントレンド2018・2018の「カラー」を堀さんから伺ったので、ここでちょっとご紹介。

◾グリーン
ペールアクア(淡い青みの緑)
ライトジェードグリーン(明るいヒスイ)
ターコイズ(明るいトルコ石) 等々

◾ピンク&オレンジ
チェリーピンク
シェルピンク(桜貝のようなピンク)
オーキドピンク(紫みの淡いピンク)
サーモンピンク
マンダリンオレンジ
バーントオレンジ 等々

◾パープル
ディープロイヤルパープル
モーブ 等々

グリーン系は、青緑系の澄んだ綺麗な色が多く、ピンク&オレンジ系は、淡くて優しい色や濃いめの色など様々、パープル系は濃いめの色だそうです。

インテリアに合わせ、このような色を少しプラスして、流行の先取りをしてみてもいいかもしれませんね。
気分が変わって、毎日が楽しくなるかも。