「オズマガジン」トークイベント


パッケージも可愛い銀座菊廼舎さんの「ハート日和」私のお気に入りです。


左から古川編集長・菊廼舎の井田社長・松崎煎餅の松崎社長・喫茶店の専門家難波さん






今年6月にオープンした銀座ロフト


「オズマガジン」と「銀座ロフト」のコラボレーション企画「銀座よりみちイベント」

銀座の老舗「銀座松崎煎餅」八代目松崎宗平さんと「銀座菊廼舎」の五代目井田裕二さん・難波里奈さんをゲストに迎え、オズマガジン編集長の古川誠さんの司会で行われました。

今回のゲストの銀座菊廼舎さんは私のお気に入りのお店。なかでも冨貴寄はとっても綺麗で美味しいので、手土産によく使わせて頂いています。その会社の社長さんがゲストと伺ってトークショーに行って来ました。

ともに銀座に店を構え、老舗の看板を背負っていらっしゃるお二人のトーク。
お店を継がれた経緯や、人生の寄り道、和菓子に対する熱い想いなど、終始笑顔が絶えない楽しいトークでした。

ネットで何でも買える現代に敢えてお店を構える意義。それは、お客様とのコミュニケーションを大切にし、お客様に喜んで頂きたいから。
心に響きますね!

伝統を守りつつ、常に新しいことにもチャレンジして、地道に努力を続けていらっしゃるお二人の姿に感動でした。

ウェグナーが愛したベアチェア




草間彌生のアートとの相性もバッチリ!


ハンス・ウェグナーが奥様の為にデザインした椅子。腰のサポートが絶妙で、座り心地の良さにウットリ。



銀座のダンクスムーベルギャラリーで開催されているベアチェアの企画展に伴い開催されたトークイベントに参加。

生涯数百点にも登るデザインをしたと言われるハンス・ウェグナーが、最後に選んだ椅子としても有名な「ベアチェア」

スカンジナビアリビング代表の羽柴健さんは、以前ハンス・ウェグナーのお宅へお邪魔して直接いろいろなお話をされていらっしゃるので、今回どんなお話が伺えるか興味津々で参加しました。

デンマークの家具の歴史や時代背景・実際に家具が作られる工房での様子、そしてベアチェアが高い理由など、次から次へと興味深いお話が飛び出し、あっという間の2時間でした。

全てにこだわって作られているベアチェア、以前から好きな椅子の一つでしたが、改めて素晴らしさを実感しました。

北欧の幸せな生きかたを知るおはなし会




1部セミナー


FICAを楽しみながら





5月24日、「北欧の幸せな生きかたを知るおはなし会」in TOKYO (第2回)開催しました。

1部では、フィンランドを代表する「マリメッコ」の創始者アルミ・ラティアにフォーカスして、「人生デザイン」「企業ブランディング」についてのセミナーを香取さんから。

2部では昨年の11月に行っ北欧ツアーの写真を見ながら、北欧の方々の考え方や暮ら仕方について、実際に感じた事や帰国後の自分自身の変化などを3人でフリートーク。

3部は待望のFICAタイム。
FICAというのは、スウェーデン流のティータイムで、美味しいスウィーツを頂きながら、おしゃべりを楽しむ時間です。
今回のスウィーツはフィンランドのアーノルドドーナツ。
ふっくらしっとりで、いつものドーナツとは全然違う食感に、参加された方々も思わずにっこり。
美味しいドーナツを頂きながら、いろいろな話で盛り上がり、あっという間の3時間でした。

最後に、赤・ピンク・黄色のガーベラの中から好きな色を選んで頂き、毎日頑張っている自分をねぎらって頂きました。

「いろいろな気づきの多いセミナーで、参加出来て良かった」と嬉しいお言葉を頂き、次回へのモチベーションが上がりました。
次回は7月を予定しています。

デンマーク大使館


桜色のドレスの大使夫人、笑顔がとってもチャーミングで素敵でした


ゆったりとソファに座って聴くJaz演奏。とっても贅沢!


木の雰囲気が素敵なお部屋の中。障子があったりして、何だか日本っぽい。


飲み物片手におしゃべりタイム。
パーティで中庭にお客様が入ったのは、今回初めてだそうです。
(Jaz演奏をしている後ろが中庭)


パーティ終盤にさしかかり、いよいよケーキカット。ケーキの量が多いので、カットも大変です。


代官山にあるデンマーク大使館でのイベント、「デンマーク女王の誕生日を祝う会」に参加させて頂きました。

昨年末の北欧ツアーでご一緒させて頂いた、北欧大好きの3人での参加。

3人とも初めてのデンマーク大使館で、最初はちょっと緊張気味でしたが、大使夫人をはじめみなさんとってもフレンドリー。
直ぐうち解け、バーベキューを楽しみながら色々な話で盛り上がりました。

初めて伺ったデンマーク大使館でしたが、とても身近な存在になりました。

ヴィンテージ ・スパイス






(デジタルアートの風神雷神のアート)


(このベージュ色の筒型の様なものがスピーカー。スピーカーに見えないのに、素晴らしい音に感動!)




今日は町田ひろ子アカデミーさん主催の「AOYAMA Style’s eye」期間限定プレミアムショールームのセミナーに参加させて頂きました。

会場は六本木の高級マンションの中庭にある、隠れ家的な場所。(通常はTHOM’S ショールームだそうです)

第一回の今回は「Vintage Spice」という事で、名作の北欧家具を中心に、セレクトされたアート・照明・ラグで素敵にコーディネート。
更に今回は、世界最高峰のオーディオメーカー「LINN」の音響がプラスされ、とてもラグジュアリーで居心地のいい空間が演出されていました。

セミナーでは、3種類のスピーカーで音楽の聴き比べをしました。心を揺さぶられる様なクリアで、奥行きのある音色に感動!
3種類それぞれに特徴があり、参加された方々の好みも様々でした。

ビンテージ家具を扱っていらっしゃる鎌田さんの、デンマークのオークションのお話も、とても興味深かったです。
昨年末デンマークに行ってから、益々「デンマーク」「北欧」という言葉に反応してしまい、惹かれてしまいます。

デザインやクォリティにこだわったVintage家具と素敵にコーディネートされたインテリア、そこに心地よい音が加わると、こんなに空間が豊かになるんだと実感した、素敵な1日でした。

デンマーク社会から日本の未来を創造する




(左から別所さん・林さん・戸沼さん)




(昨年一緒に北欧に行った友人。同窓会のよう)

今日は表参道にあるHISのカフェで開催された、林良樹さん・別所大河さん・戸沼如恵さんによるトークライブに参加しました。

「デンマーク社会から日本の未来を創造する」というタイトルで、
「都市と地方が共生する未来」誰もが幸せを追求出来る「コミュニティデザイン」についてのお話でした。

林良樹さんは千葉の鴨川に移住し、「美しい村が美しい地球を創る」をテーマに活動をされていて、都市と鴨川の持続可能な関係の構築に力を入れられています。

地元の方との信頼関係を築くことから始められ、最近では無印良品等企業を巻き込んだ活動にも発展したそうで、これまでの活動を振り返りいろいろなお話を伺いました。

別所大河さんは、デンマークの大学で学び現在もデンマークと関わった仕事をされているので、デンマークの人々の考え方や働き方など、内側から見たデンマークのお話をされました。

エコ・コンシャスの戸沼如恵さんは、昨年の11月末に行った北欧旅行でご一緒させて頂きお世話になった方です。

北欧のスペシャリストとしてあちこちで講演活動をされたり、北欧の特別なツアーを企画されたりと大活躍されています。

デンマークは脱原発を掲げ、風力発電に力を入れています。
2016年の幸福度ランキング第1位
GDPは日本の1.7倍
自給率600%
日本と比べ物になりませんね。

そんな城塾した社会として参考になるデンマークの「都市と地方の関係」についてのモデルケースの話を伺い、日本のこれからの課題が見えてきた様な気がしました。

今回は若い方々がたくさん参加されていて、活発な意見交換がされていました。
明るい未来のために、若い方々にぜひ活躍して頂きたいですね。