事業内容








リフォーム


住まいの老朽化に伴い一番初めにリフォームが必要になってくるのは、何と言ってもキッチンや浴室、トイレなどの水まわりではないでしょうか?
毎日使うところなので、一番気になりますね。

  • 使い勝手のいい素敵なシステムキッチンに変えたい
  • 冬でも暖かい浴室で、ゆっくり足を伸ばしてお風呂に入りたい
  • お掃除が楽な、汚れがつきにくい便器に変えたい
  • 便利な機能の付いた設備機器に変えて、家事をもっと楽にこなしたい
  • 省エネの設備機器に変えて、電気代や水道代を節約したい
など、お客様のリフォームの目的は様々だと思います。


水まわり以外にも戸建て住宅の場合は、建物を雨から守ってくれている屋根や外壁の老朽化も気になりますね。
雨漏りがしたり、外壁も水が浸みてきたりと手遅れにならないうちに、そして何より大切な我が家を長持ちさせる為にも早め早めの対策が大切です。
最近では塗料も汚れが付きにくいものや遮熱効果の高いものなど、多機能な塗料がありますので、こちらも要チェックです。

・増改築工事(増築や間取り変更など)
・内装工事(壁・床・天井など内部の工事)
・外装工事(外壁・屋根など)
・外構工事(フェンス・門扉・カーポートなど)
・電気工事
・塗装工事

など、プチリフォームから大掛かりなリフォームまで、何でもご相談ください。
お客様が、"どのような過ごし方をされているのか?"、"どのような住まい方を望んでいらっしゃるのか?”などじっくりとご要望を伺い、お客様のご要望にピッタリのプランをご提案させていただきます。


以前勤めていた会社が店舗や病院の設計施工専門の会社でしたので、その時の経験とノウハウを活かし、店舗・住宅の設計施工のご相談もご数多く承っております。


生涯現役でいる為の住宅改修工事

『自宅で快適な生活を長く続ける為に』
生涯現役を目指して、経済的にも体力的にも余裕のある50代のうちに『自分の為にこれからの暮らしを創る』生活設計の見直しをしてみませんか?

40代までは仕事や子育てに一生懸命。
少し気持ちの余裕が出てくる50代になったら、ちょっと立ち止まって、今までの住まいや暮らし方を見直してみましょう。
いつの間にか我が家を占領してしまっている沢山の物たちや、古くなって使い勝手が悪くなってきた設備機器など、普段気にとめていなかったいろいろな事が見えてきませんか?
一つ一つとじっくり向き合い現状が分かってくると、"これからどんな事がしたいのか?"、"どんな暮らし方がしたいのか?"が見えてきます。

・子供が独立したので、間取りを変更したい
・定年退職後は、趣味を楽しめる部屋が欲しい
・将来の備えの為にバリアフリー化したい
・二世帯住宅を建てて、離れている子供と一緒に住みたい
・空いている部屋を利用して、賃貸併用住宅にリフォームしたい

など等、夢や想いは百人百様。
そんな皆様の想いを形にし、『今もこれからもずっと快適に楽しく暮らす為の住まい造り』のお手伝いをさせていただきます。


『介護が必要になっても、自宅で快適な生活を続けるために』
以前リフォームのご依頼を受けてお客様のお宅へ伺った時、せっかく手すりが付いているにもかかわらず、もう少し低い位置に手すりを付けないと、力が入らないのでは?
この位置に手すりがないと、立ち上がれないのでは?と、残念に思う事が度々ありました。

住宅改修工事は、介護が必要になっても手すりをつけたり段差をなくす事によって、快適に暮らせるようにと行われるべきだと思います。
その方の体の状態や生活状況を把握して、生活動線・間取り・部屋ごとに違う温度差等の様々なデータをもとに、きめ細やかなプランニングが必要となってきます。

従って効果的に住宅改修を進めるためには、その方の状況によって違いますが、医師やケアの専門家(理学療法士・作業療法士など)・ケアマネージャー・建築士・インテリアコーディネーターなどの様々な専門家との連携が重要になってくるのです。

当社でも、必要に応じ専門分野のプロ達と連携を組んで対応させていただいておりますので、安心してご相談ください。

介護が必要になっても、車椅子で生活するようになっても
『快適で居心地のいい我が家に、ずっと暮らしていける喜び』

ぜひ実感してください。



インテリア

■ 照明プラン

照明を考える時『この部屋にはどんな照明器具がいいかしら?』と、まず器具選びをしていませんか?
素敵なデザインの照明器具も勿論大切ですが、その前に考えておきたい事、それは

大掛かりなリフォーム工事をしなくても、『光をデザイン』すると小さな工事で、お部屋を格段にグレードアップする事が出来ます。
雑誌などでよく目にするホテルやレストランなどの、引き込まれてしまいそうなラグジュアリーな空間。
光のメリハリがあってとっても素敵ですね。
わが家をそんな居心地のいい、お気に入りの空間にするために、ご一緒に『光のデザイン』をしてみませんか?


■ 窓廻りプラン
お部屋の大きなスペースを占める窓廻りは、インテリアのイメージを左右する重要な部分ですね。窓廻り商品にはカーテン・シェード・スクリーン・ブラインドなど、各メーカーから様々な商品が出ています。
色やデザインは勿論、一台にいろいろな機能を持たせたものや、素材自体に機能を持たせたものなど、多種多様。

たくさんの選択肢があるだけに、カタログだけで決めてしまってはもったいないですね。
ショールームで実際に色やデザインの確認をしたり、メカ物などは自分で操作してみて、使い勝手や機能性を体感してみることもオススメです。

ご要望があれば一緒にショールームに同行させていただきますので、ご相談ください。


■ インテリア全般
など、インテリアの事でしたら何でもご相談ください。

お客様のお話をじっくり伺って、お客様にとって居心地のいい、素敵な空間創りのお手伝いをさせていただきます。


収納

(1) 収納家具のご依頼
収納家具・オリジナル家具(造作家具)のご注文も承ります。
美しく快適な暮らしを実現させる為に、

など、お客様のこだわりの収納家具のご相談は、インテリアと収納のプロにお任せください。
お客様のご要望と収納したいモノに合わせた、適切な収納計画のご提案をさせていただきます。









(2) 収納コンサルティングのご依頼

■収納家具をオーダーする前に
『溜め込んでしまったモノ達をどうやって片付けたらいいの?』
と、お部屋を占領してしまっている物たちを前に、途方にくれた事はありませんか?

『収納って、出来て当たり前』
と思っていませんか?

そもそも収納って、学校の授業でも教えてもらっていないはず。
習っていない事は、出来なくて当たり前ですよね。

片付け方・しまい方にはコツがあるんです。
それを知るだけでも、今まで足の踏み場もなかったようなお部屋でも見違えるようになります。
そんなアドバイスをさせていただきながらお手伝いさせていただきます。

すっきり片付いた気持ちいい我が家、考えるだけでもワクワクしませんか?


■ 「家中の収納をプロにアドバイスしてもらいながら、じっくり時間をかけて一から考え直してみたい。」
そんな場合もご相談ください。

どのように収納計画を立てたらいいのかのプランニングを含めて、
いらないモノを取り除き

置き場所を決めて  

入れ方を決める

など順を追ってコンサルティングをしながら、お手伝いさせていただきます。

収納カウンセラー協会公認の収納カウンセラーとして、『二度と散らからない収納方法』を伝授させていただきます。

お部屋がモノで溢れていたら素敵なインテリアも台無しですね!

まずは自分にとって大切なモノ・必要なモノだけを残すところから始めてみましょう。



カタログ
私の収納の先生でもある収納カウンセラーの飯田久恵先生からご依頼を頂き、先生と一緒にカタログ編集に関わらせて頂きました。
ロイヤルさんは店舗の棚等の部品で大きなシェアを持っている会社で、今度新たに住宅の収納に進出するという事でカタログ作成をすることになりました。
まず部屋ごとに間取りとコンセプトを決め、飯田先生の収納プランに基づき私がインテリア空間を提案するというもの。
棚に並べる小物1点1点まで寸法とイメージに合わせて選定し、展開図を作成します。その図面とデーターを基に大日本印刷の担当者ががCGを作成するという流れです。
CGのクォリティが素晴らしく、忠実に再現されていてまるで実物を写真で撮ったような仕上がりになりました。
住宅収納シリーズ VOL1
(2016年10月)
住宅収納シリーズ VOL1 (2016年10月)

住宅収納シリーズ VOL1
(2016年10月)
住宅収納シリーズ VOL2 (2018年1月)