遮熱塗料で省エネ!



(写真 ・データはエスケー化研より)

夏の節電対策・省エネには、遮熱塗料がオススメ。
特に夏場は、直射日光が建物に当たる事により表面温度が上がり、それに伴い室内の温度もかなり上がります。
屋根に遮熱塗料を塗る事で、屋根の表面温度をなんと最大20℃も下げる事が出来るそうです。
室内の冷房費は、3℃下がると約15%の節電が可能だそうで、かなりの節電効果が期待出来ますね。

遮熱塗料は、太陽光のうちの熱に変わる「近赤外線」の光線を反射する事で、温度の上昇を抑える事の出来る塗料です。

メーカーによっては、汚れが付着しにくい低汚染機能がついた遮熱塗料もあり、長期にわたり遮熱効果 の低下を防いでくれるものもあります。

省エネ効果の高い遮熱塗料、屋根や外壁の塗り替えの時は、検討してみる価値が大いにありそうですね。