目と耳で楽しむ贅沢なアート空間



印象派モネの世界「目と耳で楽しむ贅沢なアート空間」の講演会に行ってきました。
美術史家の森耕治先生と作曲家の鍋島佳緒里さんのピアノ演奏による共演です。

森先生の毎回謎解きのようなワクワクする解説と、鍋島さんのモネの絵のイメージに合わせた即興のピアノ演奏という夢のような講演会でした。

絵を見ながら音楽を聞くことによって、絵の情景などのイメージが膨らんで、絵に深みが増すようで相乗効果バッチリでした。

モネの作品の印象・日の出・睡蓮まで、画像を見ながら楽しい解説の数々、あっという間の2時間でした。

先生の「モネは晩年生きる為に睡蓮を描き続け、生きる続ける為に睡蓮はいつまでも未完のままでした」という言葉がとても印象的で、感慨深かったです。