マグリットのふじぎな世界





仕事の合間を縫って、マグリット ウイズ ダダで開催された森耕治先生の「ルネ・マグリット(ベルギーの画家)」の講演会に参加しました。

マグリットはちょっと馴染みが薄かったのですが、マグリットの生い立ちから見えてくる作品への影響等、とてもわかりやすい解説をして頂き、いっぺんに親しみが湧きました。
さすが森先生ですね。

マグリットは「イメージの魔術師」とも呼ばれていて、20世紀の重要な運動の一つ「シュレアリスム」を代表する画家と言われています。

不思議なイメージの絵に不思議な題名。見る人を戸惑わせたり悩ませたりすそんなメッセージ性にある絵に、人は魅了されるのかもしれませんね。

この謎多いマグリットの作品を、森先生は斬新な謎解きで次々と解明してくださり、ワクワクの連続。
いつもながら、とっても楽しい講演会でした。