発達障害支援とクロスオーバー




就労支援の方々が作ったブローチの作品

第5回ハッピーカレッジは、クロスオーバー大和代表の薄葉寿恵さんをお迎えして「発達障害支援とクロスオーバー」についてレクチャーして頂きました。

発達障害とは自閉症・アスペルガー症候群・その他広汎性発達障害・学習障害・注意欠陥多動性障害などの事だそうです。

クロスオーバー大和では、そのような方が社会との新たな接点を見つける第一歩として様々な体験プログラムを行い、自立した生活が出来るようなお手伝いと、働く姿勢を学ぶ就労継続支援の2種類の支援をしているとの事でした。

発達障害というのは
脳の作りが少し違っているだけ
認知の部分でデコボコがあるだけ
五感の感覚が敏感なだけ
生活をする上で困難があるだけ

いろいろな症状が出ていても、普通の人間。生活上困難な事があっても、支援が必要でない人は、障害者ではありません。
「障害を持っている方の、困っている事をぜひ知って欲しい」との熱いメッセージが心に響きました。