玉虫色に輝く小町紅


小町紅「手毬」有田焼の器入り



南青山・骨董通りにある、紅花から作られる口紅のショールーム「紅小町」さんに伺いました。
ここを運営しているのは(株)伊勢半本店という会社で、文政8年(1825年)日本橋で紅屋として創業されたそうです。

紅花に含まれる色素の99%が黄色で、赤の色素はたった1%
赤い色を作るのには、膨大な数の紅花が必要なんですね。

小町紅はこの赤の色素のみで作られる口紅で、職人の方達が何十行程も経て赤色色素を抽出する、まさに匠の技です。
殆どの作業が今でも手作業と聞いて、またまたビックリ。江戸時代からの伝統的な作り方で作っているのは、今ではここだけだそうです。

実際に口紅を試させて頂けるというので、早速挑戦。
紅というのでてっきり赤っぽい色だと思っていたのですが、、玉虫色に輝く緑色でした。
筆に水を含ませ唇につけるとほんのり桜色。塗り重ねていくと鮮やかな紅色になっていきます。
更につけると玉虫色になるそうです。
何だかワクワクしますね。

江戸時代紅は金と交換される程高価なものだったので、玉虫色の唇は女性の憧れだったようです。

赤は魔を祓う神聖な色とされ、初宮参り・七五三・ひな祭り・婚礼・還暦等、日常の様々な場面で紅の赤が使われてきたようです。
紅は常に私達の生活の中にあったんですね。

昔から大事に受け継がれてきた本物の「紅」との出会いに遠く江戸時代に思いを馳せ、何だかとても幸せな気分に。
日本の素晴らしい伝統的な文化、大切に受け継いでいきたいですね

伊勢半本店