アーティスト堂園まり子さん

「Mariko Dozono 作品展2018」











ニューヨーク在住(47年)の堂園まり子さんの作品展、今年も銀座三越で開催されました。今年はどんな作品に出会えるか、ワクワクしながら行ってきました。

ジュエリー・アート・ダンスと3つのジャンルで大活躍されていらっしゃるまり子さん、一番大切にされていらっしゃるのは「感謝の気持ち」
常に感謝の気持ちで接していらっしゃるまり子さんの周りには、素敵な方たちがいっぱいです。

ニューヨークでは白い壁は存在しないと言われるほどアートがとても身近な存在だそうです。
日本ではインテリアの最期の仕上げとしてアートを飾るという感覚が強いのですが、まず飾りたいアートを決めて、それに合わせてインテリアを考えていく方がお部屋のイメージがまとまりやすいというお話に納得!
アートからインテリアを提案するって、素敵ですね。ぜひ私もチャレンジしてみたいです。