旭川家具のコサイン




私たちが手に持っているのはこの小鳥さんたち。鳥の形や彩りに拘って作られた逸品です







今日は外苑前にある、旭川の家具のショールーム・コサインさんへ。旭川の家具フェアでは毎回見ているのですが、こちらのショールームに伺うのは初めてです。

わたしの収納の先生でもある、収納カウンセラーの飯田久恵先生と、収納講座の打ち合わせの後お邪魔しました。

入口のドアを開けた途端さわやかな空気に包まれ、異空間に入ったよう。
「やっぱり、無垢の木は漂う空気が違う!」木の優しさと温もりを感じる心地いい空間で、店長さんから家具の説明をして頂きました。

コサインさんは、木の素材感が際立つシンプルな美しさを大切にされ、長く暮らしに寄り添う生活家具を作っている会社です。

「長い年月をかけて成長した木なのに、家具にならずに捨てられる部分がある。」それを何とかしたくて、コサインの会社を作られたそうです。

使われる樹木は主に家具や道具に適した2種類の広葉樹。
シロップもとれるメープルとくるみがなるウォルナットだそうです。

ものづくりの確かさと使い勝手の良さで、気がつくと家中コサインさんの物があちこちに。
そんな方が多いそうですが、星社長と親交のある飯田先生も「これ使ってる。これも家にある」と、かなりのヘビーユーザーでした。