目が選んだ光Rebio



今日はヤマギワのタスクライトRebio(レビオ)のご紹介。

私がコーディネーターになりたての頃、このレビオの前身のバイオライトを使っていました。
仕事柄正確な色にこだわっていたので、自然光に近く、目にも優しい光のバイオライトは私にとってなくてはならない存在になっていました。

現在ではLEDの照明が主流となってきていますが、白熱電球のバイオライトも研究を重ねLEDのタスクライトRebio として生まれ変わりました。
「照明会社が本気で作ったタスクライトの自信作です」とカタログに書かれている事からも、並々ならぬ開発の苦労が伝わってきますね。




Rebioは紫色LEDが採用されているので、本来の色が限りなく自然に再現されます。
これまで紫色LEDは価格の高さがネックとなって用途が限られていましたが、最近は家庭向けにも使われるようになってきました。

一般的なLEDは赤や白が綺麗に見えませんが、Rebioは赤は鮮やかに、白ははっきりとした本来の色に見えます。
ふっくらと柔らかな光は、人間の目に最も優しいと言われている、日の出30分後の太陽光に近い光の色3000K(ケルビン)になっているそうです。
3000Kは「電球色」のような暖かさを感じる光の色。よくコンビニ等で見かける青白い蛍光灯の色は「昼光色」といって6500K位です。





紫色から赤色まで朝の太陽に近い光なので極めて色の再現性が高く、Ra97と高演色性なので美術館や印刷会社など色にこだわるところにもオススメです。
自然光が当たっている状態がRa100。最近ではRa85やRa90のLEDも出てきていますが、一般的な蛍光灯はRa60程度ですのでかなり自然な色に見えるという事ですね。

明るさは、3段階に調整出来る調光タッチスイッチ付き。

詳しく説明して頂いて、一緒に行った友人と「これ絶対欲しいね~」と、すっかり虜に。
という訳で、お気に入りがまた一つ増えました。快適ですよ!