マイセンと書と華のある暮らしトークショー










「アート」が生活空間をどう「再生」してくれるか?

今回汐留ミュージアムで開催されるマイセン展の連動企画として、マイセンの食器でテーブルコーディネートして欲しいとアートのある暮らし協会にご依頼頂きました。

協会では、一般的な洋風のテーブルコーディネートではなく、和室の良さを見直し、古いものと新しいものを美しく調和させながら 和洋折衷のプランをご提案させて頂きました。

世界で活躍する書家の白石雪妃さんと華道家の塚越応駿さんの2人のアーティストの方に、生活空間を演出して頂き、一段と華やかな空間に仕上がりました。