MLクラブ札幌ツアー2



駐車場入り口で迎えてくれるのは、たくさんのモアイ像のような彫刻




頭大仏殿
真駒内滝の霊園30周年事業として、安藤忠雄氏監修で作られた道民の為の公園霊園。
頭大仏は、高さ13.5m、重さ1500tの阿弥陀如来像です。
参道入口から135mの道のりは、過去に敬意を払い、新たな祈りの世界を創造するという安藤氏のこだわりだそうです。




安田侃彫刻美術も併設されている、アルテピアッツア美唄。
地元出身で、国際的に知られるイタリア在住の彫刻家安田侃氏の大理石やブロンズ作品が、40点余り展示されています。
「自然と人と芸術の新しいあり方」が提示されていて、自由に思い思いの時間を過ごす為の芸術広場となっています。




広い公園に点在している作品を見学




2階のギャラリーの窓際。
映画監督が座るようなキャンパス地の椅子に座って眺める景色が美しい。
1日中座っていても飽きないような心地良さ。
安田侃氏は、帰国すると必ずここに座って、たくさんの方の感想が書かれたノートを嬉しそうに読まれていつそうです。