NIHON BED 新社屋オープン事前見学会



実際に寝心地を体感。
同じように見えるベットも寝てみると違いの大きさにビックリ!
皆んなでいろいろなベットの寝心地を体感させて頂きました。



世界で活躍されているデザイナーの小林幹也さんプロデュースのベットコーナーもありました。



最上階にはセミナールームがあり、そこに続くオープンテラス。
青山の街中が一望でき最高のロケーションです。



ホテルや施設用に、様々なクッションが体感できるスペース。
宇佐美社長から詳しく説明して頂き、目から鱗の連続。
普段見る機会のない設備も見せて頂き大満足でした。





青山に新社屋オープン!
オープンに先駆け、モダンリビングの下田結花さんとPlus Art 推進会のメンバーで事前にお話を伺ってきました。

日本ベットは、1926年(大正15年)宇佐美竹治氏によって創設。

帝国ホテルに10年勤務した後、商社マンとしてイギリスに渡英。
西欧のライフスタイルに感動して、ベットで眠る文化をぜひ日本に持ち帰りたいとの思いで創設されました。

宇佐美氏は寝心地の良いベットの製造の研究の傍、豪華客船や列車・ホテルの内装に関わる事業も手掛けられていたそうです。

私達も知らない間に、あちこちで日本ベットさんの恩恵を受けていたんですね。