スターバックス・リザーブロースタリー東京



建物の4階まで突き抜けているキャスク(店内で焙煎したコーヒー豆の熟成・貯蔵等)
目黒川に桜の花びらが舞い散る様子をモチーフにしたデザイン。



3Fにあるバーサービス「ARRIVAMO(アリビアーモ)」では、アルコールの入ったコーヒーやワイン・ビールなどのドリンクメニューが楽しめる



キャスクで焙煎されたコーヒーは、迷路のように張り巡らせた菅を通り空気に触れる事なく各所へ運ばれるので、美味しいコーヒーが提供できる



2F. TEAVANA(ティバナ)
様々なお茶や茶葉を使ったデザートが楽しめる



1F イタリアンベーカリー Princi(プリンチ)
パン・ピザ・サラダ・デザート等、本場イタリアの味を堪能出来る



2F・3Fには目黒川に面してテラス席がある。桜の時期は上から桜を眺められ、最高のロケーションですね。



2018年に中目黒にオープンした、「スターバックス リザーブロースタリー東京」
オープン当初から大人気で、土日は入場制限がある程混雑する話題のスポットに、やっと行ってきました。

焙煎工場を併設したスターバックスの「コーヒーイノベーションを表現した」というコンセプトの店舗で、2014年にシアトルに1号店・2017年に上海・2018年にミラノ・ニューヨークに続き、日本は5店舗目となります。

目黒川沿いにあるこの店舗は、1200㎡の敷地に4階建てで、延べ床面積2966㎡の建物。
建築家隈研吾氏とスターバックスのコラボレーションで建てられました。

各フロア毎に異なるテーマのコンセプとで作られているので、見ているだけでもいろいろな発見があり楽しい空間になっています。

若い方からかなり高齢の方まで年代は様々ですが、みんなの笑顔がとっても素敵!
スタッフの方々の笑顔も素敵で、対応もとってもフレンドリー!

「スターバックス愛」がひしひしと感じられ、その空間にいるだけでとっても幸せな気持ちになりました。

もちろん、コーヒーもフードも最高ですよ!

朝7時オープンなので、美味しいコーヒーと焼きたてパンの朝食は、出勤前のサラリーマンにも人気です。
1日に何度も違った種類のパンが焼き上がるそうで、パン好きにはたまりませんね。

機会があったら皆様もぜひ。