美術館は楽しいところ!

昨日の藤田あかねさんのFacebookライブ、色々なお話が盛りだくさんでとっても楽しいライブでした。
その中から1つ、「海外では子どもが小さい時から美術館に連れて行く」というお話。

日本では子どもが静かな美術館の中でおとなしくしているか心配と、小さい子どもをなかなか連れて行かないような気がしす。
実際私もそうでした。
海や山、テーマパーク・レジャー施設・水族館など、子どもたちが喜びそうな所へはあちこち連れて行きましたが、美術館という選択肢はありませんでした。
私の中では、美術館は大人が行く所という認識だったのかもしれませんね。

あかねさんの話を聞いて、昨年ロサンジェルスのゲッティ美術館に行った時のことを思い出しました。
ここでは1日に何度か学芸員によるギャラリーツアーがあったので、私も参加してみました。
私が参加したのは、5歳位から80歳位の方まで男女20人位のグループでした。



学芸員の方の解説の後の質問タイム。幼稚園生くらいの女の子が「これは何を描いているの?」「どうしてこんな風に描かれているの?」と可愛い質問が出て、一気に微笑ましい空気に包まれました。 学芸員の方が分かりやすく説明すると、それを聞いた女性が、「それでは、こういう事なんですか?」と、一つの作品を見ながら話はどんどん膨らみ、次々いろいろな意見が飛び出しました。 私は初めてみる光景にただただ圧倒されるばかり! 子供の頃からこの様な環境で育っているので、美術館に行くことも・アートについて語り合うことも当たり前のことなんですね。子ども連れで美術館に行く事の少ない日本とはだいぶ違う環境、羨ましい限りです。




海外の小学校では低学年の時から美術館に行き、自分の好きなアート作品を何時間もかけて模写する授業があるところもあります。
アート作品を見ながら、「これを見て、みんなどんな事を感じる?」と先生が聞くと、みんな思い思いに自分が感じたことを発表します。他のお友達の意見に「そんなふうにも感じるね」と目を輝かせて嬉しそう。
こんな風に小さいうちからアートに慣れ親しんでいると、これはこういう作品という先入観無しに、自分の好きなようにアートを楽しめるようになりますね。

赤レンガ倉庫アートフェア



繊細な模様が美しい



ボビンレースで作ったカボチャの馬車
職人の熟練と作成に膨大な時間がかかるこの手法は、昔からヨーロッパで受け継がれ繊細でとても美しいレースです。
これを馬車として作るという発想と根気強さに感動しました。



新聞紙を貼り合わせて、自然なワンチャンの表情が再現されています。



スペシャルトークゲストの宮津大輔さんとアートのある暮らし協会代表理事の枝澤佳世さん



会場は立ち見が出る程たくさんのか方にご参加頂き、熱気に溢れていました。



今年で4回目を迎えるアートフェスティバルが赤レンガ倉庫で開催されました。

私たちアートのある暮らし協会の母体でもあるクォリアートが主催しているアートイベントで、3日間で来場者が7000人を突破しました。

このコンテストは、埋もれてしまっているアーティストの方に、ぜひ華やかな発表の場を提供したいと企画されたもので、一生に一度しか参加出来ません。

昨年受賞された方々は、イギリスの大英博物館に作品を飾って頂けるという名誉を獲得されました。素晴らしいですね。
 
一般の方も投票出来るので、年々人気が高まっています。

私も今年で3回目、アートのある暮らし協会のメンバーとして審査員をさせて頂き、盛大に行われたレセプションパーティにも参加させて頂きました。

毎年アーティストの方の熱い思いが伝わってくる作品の数々に、釘付け!
アーティストの方のこだわりや苦労されたところのお話を伺いながら作品を見ると、一層親しみが湧き、話が尽きません。

審査員や一般の方々の集計が大変で結果はもう少し時間がかかりそう。
今年はどの作品が受賞されるのか、今からワクワク。とっても楽しみです。

LOST WANDERLAND展












文化村で開催された、冨田菜摘さんの作品展。

会場に入ると、生活廃材から作られたユニークで可愛い動物たちが迎えてくれ、私も思わずニッコリ!
あちこちで「可愛い~!」という声が飛び交っていました。

近くに寄ってよく見ると、足がフォークだったり、フライ返しがあったり、アミが使われていたりと私たちに身の回りにある物ばかり。
廃材が命を吹き込まれて、可愛い動物達に変身していました。
そのセンスと才能に脱帽です!

菜摘さんの作品は大人気でいつも完売。
今回も一番大きい作品を除いて、全部売約済みのシールが付いていました。

2年前に高島屋の個展で初めて拝見してから、大フアンに。いつか我が家にもお嫁に来てくれるかな?

力強い作品を数多く手掛けていらっしゃる菜摘さん、本人は小柄でキュート、とっても可愛い方なんですよ。素敵でしょ!

リノベーションミュージアム・アートセミナー

インテリア産業協会から助成金を頂いたプロジェクトに掛り切りになってしまい、ブログの更新が滞ってしまい猛反省!

研究の方はまだ途中ですが、今年後半のイベントを順番にご紹介させて頂きます。




左からさとうさん・上田さん・アートのある暮らし協会の枝澤理事




いろいろなエピソードを交えたお話に、会場は釘付け




実際に作品を見ながら描き方など作品の説明を




ローラのみで描かれた佐藤さんの作品



まず最初は、パナソニックのリノベーションミュージアムで開催されたーとイベントから。

私が所属している、アートのある暮らし協会主催のイベント。
ギャラリー上田の上田さんとアーティストのさとうたけしさんをお招きしてのトークショーです。

さとうさんは、米国で壁画技術を学び、多くのテーマパークやレストランの壁画を手掛けられています。

特に、キャンパスにローラーのみで描く斬新なライブイベントは、世界中から注目を浴びているアーティストです。

曲が終わるまでの短時間に描かれるライブイベント、機会があったらぜひ見てみたいですね。

出張アートSTYLING


施工前


お客様の思い出の大切な曲、カーペンターズの「We’ve Only Just Begun」の歌詞をアルファベットで


書樹のお二人で影の出方を確認し、照明の位置を調整。


文字と光の影が重なって、様々な表情に


施工後


あなたのお家にも「書樹」が伺います!

パナソニック・リノベーションミュージアムで開催中の「マイセンと書と華のあるくらし」の出張アート第1弾!
モニターの方のお宅へ伺いました。

「出張アート」とは、お客様の生活空間に書を書いて、樹をいけるサービスの事。

世界で活躍する書家の白石雪妃さんと華道家の塚越応駿さんのユニット「書樹」がお客様の為に空間を演出します。

先日リノベーションミュージアムでお客様と打合せをさせて頂き、4日後にはお客様のご自宅にお伺いするという、超ハードスケジュールでしたが、お客様に喜んで頂けて良かったです。

今、リノベーションミュージアムでは、ご来場頂いたお客様にアンケートに答えて頂くと応募出来ます。
ぜひこの機会に、世界にひとつだけの素敵な空間を体感してみては如何でしょうか?

マイセンと書と華のある暮らしトークショー










「アート」が生活空間をどう「再生」してくれるか?

今回汐留ミュージアムで開催されるマイセン展の連動企画として、マイセンの食器でテーブルコーディネートして欲しいとアートのある暮らし協会にご依頼頂きました。

協会では、一般的な洋風のテーブルコーディネートではなく、和室の良さを見直し、古いものと新しいものを美しく調和させながら 和洋折衷のプランをご提案させて頂きました。

世界で活躍する書家の白石雪妃さんと華道家の塚越応駿さんの2人のアーティストの方に、生活空間を演出して頂き、一段と華やかな空間に仕上がりました。

堂園まり子展 トークショー














銀座三越で開催中の「堂園まり子展」
モダンリビングの下田結花さんと堂園まり子さんのトークショーに参加しました。

銀座三越での開催は今年3回目。
第1回目の時にモダンリビングの下田さんからお誘い頂いて、MLクラブのメンバーと参加させて頂いています。

まり子さんはニューヨークに48年お住まいのアーティスト&ジュエリーデザイナー。
私は、とても美しい色使いとパッション溢れるアートと、気品漂うエレガントなジュエリーに毎回釘付けです。

見ているだけでパワーもらえる素敵なアート。
まり子さんはいつも「health & happiness」の思いを込めて制作されるとの事。
きっと、人を大切にされる優しいまり子さんの熱い思いが伝わってくるんですね。

下田さんのトークで「美しいアートは辛い時ほど人を癒し、寄り添ってくれる。
空間だけでなく、人生もまた豊かにしてくれる存在」
エピソードを交えた素敵なお話に感動しました。
自分が本当に心動かされた作品に出会い、そして信頼できる親友の様に、悲しい時も嬉しい時もいつも語りあえたらどんなに素敵なんだろう!
そんな思いを馳せながら下田さんのお話を伺い、改めてアートの素晴らしさを実感しました。

有名な作家さんの作品だから、今人気の絵だからという理由でなく、自分にとって最高のアートとの出会い。
何物にも代えがたい大切な宝物ですよね。
そんな宝物と一緒にこれからの人生を過ごせたら、どんなに幸せなんだろうと妄想は膨らむばかりでした。

小学館のセミナー「長谷寺」






小学館で開催された「ハレ詣で」のコマーシャルで話題の奈良の長谷寺の御本尊「11面観世音菩薩 立像」の魅力についてのセミナーに参加。

一部は、東京藝術大学の准教授・山田修先生による、最新技術の3Dデータを用いたビジュアル解説「最新技術で見る奈良の観音様」

9000枚以上の写真データをもとに、コンピュータグラフィックで再現され、約10メートルの観音様をあらゆる角度から見る事が出来、圧巻!

写真にiPadをかざしすと立体になって現れ、向きを変えるといろいろな方向から自由自在に見ることが出来ます。
3Dはよく見るのですが、このAR(拡張現実)というのはまた別格でした。

ちょうど先日長谷寺に行ってきたばかりで、あまりの大きさに足元から見上げるか、正面から上半身を見るかで、全身を見る事が出来なかったので、尚更感動でした。

二部は、長谷寺の僧侶の方々による、1200年前から長谷寺で伝承されてきた声明(しょうみょう)。

声明はインドから伝わったもので、お経に節をつけた宗教音楽だそうです。
初めての体験でしたが、45分間に及ぶ心地よい仏教の調べに癒されました。

西中千人展








西中千人展「呼継(YOBITSUGI)」

Plus Art推進会のミーティングの後、日本橋 高島屋 美術画廊で開催中のガラス展をメンバーで見学。

作品は、自ら作った器を叩き割り、再び溶かして継ぐ「ガラスの呼継(よびつぎ)」という技法で作られています。

初めて聞いた「呼継」という言葉は、茶碗のひび割れを敢えて金で継ぎ、景色として愛でる「金継」からきているそうで、歴史は古く桃山時代に迄遡ります。

日本の伝統と斬新な発想、温度にデリケートなガラスとで作り出される素晴らしい作品の数々、光を通して見るガラスの美しさに感動でした。

伝えたいのは「生命のエネルギー」とおっしゃる西中さんの思いがひしひしと伝わってくる、素晴らしい展覧会でした。

コシノヒロコ 「時の旋律」




2階部分から


コシノヒロコさんの作品


コシノヒロコさんの作品とデビ夫人


カジ・ギャスディンさんとplus artのメンバー


KHギャラリー銀座で開催されている「コシノヒロコ x カジ・ギャスディンさんのレセプションパーティーにPlus Art推進会のメンバー3人で参加しました。
行くのが遅くなってしまい、コシノヒロコさんは既に帰られた後。
お会い出来なくて残念でした。

地下1階のギャラリーですが、中に階段があって2階部分(実際には1階部分ですが)には、コシノヒロコさんの作品が展示されていました。

下の部分にはカジ・ギャスディンさんの作品がたくさん飾られていて、ご本人からお話を伺いながら、作品を鑑賞させて頂きました。

日本に長く住んでいらっしゃるそうで、日本語がとってもお上手でビックリ!
日本語の説明でよかったぁ~!

暫く見ていたら、デヴィ夫人がお見えになり、会場はザワザワ。

テレビで拝見している通りの上品でとてもお綺麗な方でした。
会場の方々と気さくにお話されていて、素敵なお人柄に皆さん魅了されていました。
素敵な方々との出会いに感謝です。