子どものための建築と空間展





子ども研究会のメンバーと、パナソニック汐留ミュージアムで開催されている「子どものための建築と空間展」へ。

展覧記念対談「子供の生きる空間、子供が暮らす空間」の対談の日に合わせて展覧会見学の日程を決めました。
「学校は教育施設ではなく、暮らしのある家である」と、子どもの目線で学校というものをとらえその可能性を追求されてきた建築家富田玲子さんと、学校建築計画学の第一人者の長澤悟さんの対談です。

象設計集団の代表富田さんが手がけられた学校の事例を、コンセプトや設計の拘りなど、いろいろなエピソードを交えてたくさんの画像と供にお話頂きました。

富田さんが手掛けられた時期(1971年~1985年)は、子供の個性を伸ばす事を目指した「オープンスクール」の教育メソッドがアメリカから導入された時期。
校舎にも学級や学年の枠を取り払った、自由な活動のためのオープンスペースを取り入れた時期だったそうです。

象設計集団の設計の目標
1 いろいろな場所
2 五感に訴える
3 不思議
4 内と外

この4つのキーワードを基にプランを考えるとの事。

子ども達がのびのびとそして生き生き出来る心地良い暮らしの場。(ぬくぬく・すっぽり)

足触り・手触り・尻ざわり(つるつる・。ザラザラ)

思い出になる物がいっぱいあるような空間(クスクス・うふふ)

自然とともにある。風と光が通り抜ける。裸足がいい(そよそよ・ゆるゆる)

要約するとこんな感じです。

建物を作るのではなく、子供たちが感性豊かに育つための暮らしの場を長年設計されていらした富田さんのお話、とても感銘をうけました。
子ども達が育つ環境ってとっても大切ですよね。皆んなの力で、子ども達みんながこのような環境で育ってくれるように出来たらいいですね。

田根剛・未来の記憶(TOTOギャラリー間)














オペラシティアートギャラリーとTOTOギャラリー間の2か所で同時開催された田根剛さんの展覧会。

こちらはTOTOギャラリー間で開催された「未来の記憶 Search & Research展」のご紹介。

こちらでは、田根さんの建築における思考と考察のプロセスが展開されています。
場所の記憶を様々な角度から分析し、未来に繋がる建築へ展開させていくプロセスが総合的に紹介されているので、皆さん興味津々。

解説を見ながら、真剣な眼差しで細部にわたってじっくり見ていらっしゃる方が多かったのがとても印象的でした。

田根剛・未来の記憶(オペラシティアートギャラリー)








旧軍用滑走路の跡地を利用して設計された壮大なスケールのエストニア博物館


新国立競技提案(古墳スタジアム)


田根さんの作品を年代順に展示


オペラシティアートギャラリーとTOTOギャラリー間で開催されていた建築家・田根剛さんの展覧会、昨年末の会期終了間際に行ってきました。

こちらはオペラシティーの「未来の記憶 Digging & Building」のご紹介。

田根剛さんはパリを拠点に活動されていて、世界的に最も注目されている1979年生まれの若き建築家です。

20代の若さでエストニア国立博物館の国際設計競技で優勝。
10年の歳月をかけて2016年に完成したエストニア博物館が大型の模型や映像で紹介されていて、壮大なスケール感を体感出来る構成になっていました。

田根さんは「私はいつも考古学者のように遠い時間を遡り、場所の記憶を掘り起こす事から始めます。それらを発見する驚きと喜び、その時の記憶は過去のものではなく、未来を生み出す原動力へと変貌するのです」と、おっしゃっています。

タイトルになっている「未来の記憶」は、そのまま田根さんの建築に対する考え方や設計手法になっているんですね。

横浜山手西洋館・世界のクリスマス 5














ベーリック・ホールはドイツのクリスマスです。

クリスマスの発祥の地とされているドイツ。伝統を守りながら長い冬を楽しむための装飾があちこちに。

係の方が、トナカイに乗っているところの写真を撮ってくださる嬉しいトナカイのコーナー。
子どもたちやファミリー、カップル等みんな嬉しそうにトナカイのソリに乗って、プレゼントを配るサンタさんの気分を満喫していました。

横浜山手西洋館・世界のクリスマス 4











エリスマン邸はモナコのクリスマス

大人気のエリスマン邸の「しょうゆきゃふぇ」、はいつも以上の長蛇の列でした。
有名な「生プリン」、一度食べてみたいと思っているのですが、いつも並んでいるので未だに食べられず。残念!

横浜山手西洋館・世界のクリスマス 2













横浜山手西洋館「世界のクリスマス 2018」
横浜市イギリス館は「スコットランドのクリスマス」です。

スコットランドは400年もの間、クリスマスを祝う事を禁止していたそうですが、グレートブリテン及び北アイルランド連合国(UK)となってから、クリスマスを祝うようになったそうです。

スコットランドのタータンチェックをテーマに、家庭での暖かいクリスマスを演出。

パンのリースが、ツリーのオーナメントやディスプレイとして飾られていたのが、印象的でした。

横浜山手西洋館・世界のクリスマス 1




ドアを開けると、モコモコの羊の親子が迎えてくれます。エストニア産のフワフワの羊毛が使われていて、椅子や置物として人気だそうです




ツリーのオーナメントは、殆どメンバーの方の手作り


エストニアのテーブルウエア。赤いトナカイが可愛くて印象的


エストニアの花嫁さんの衣装


山手の洋館で開催された「世界のクリスマス2018」
山手111番館の「「おとぎの国エストニアのクリスマスへようこそ」

神奈川のコーディネーター協会設立当時からの親しい友人たちによる展示。
年末に向けてバタバタ慌ただしく、やっと見に行けました。

ここのところ、オペラシティ・TOTOギャラリー間、スパイラルと、立て続けに田根剛さんの作品に触れていたのですが、その中でエストニア博物館が大きく取り上げられていました。

そのエストニアのクリスマスってどんな感じなんだろうと興味津々で伺いました。

友人達もエストニアの情報があまりなく、イメージを作り上げたり、ディスプレイの品を集めるのにかなり苦労したそうで、手作りした物もかなり多かったそうです。

テキスタイル作家さんのアートや、とっても可愛い絵が描かれたテーブルウエア、モコモコの羊の親子等など、素敵な作品がいっぱいで、大自然の中で育まれたおとぎの国のクリスマスとっても素敵でした。

今まで殆ど知らなかったメルヘンチックなエストニア、これを機会にもっと知りたくなりました。

人工大理石の勉強会














インテリアコーディネーター協会・パウダーラボ研究会の勉強会
今回はキッチン研究会にもお声がけして、御成門にある吉本産業さんにお邪魔しました。

吉本産業さんは、OEMで大手キッチンメーカーに人工大理石のカウンターを出していて、国内の40%のシェアを誇る有名メーカーです。

人工大理石は樹脂で形成されているので、陶器よりデザインの自由性に優れているのが魅力。
キッチンカウンターやシンク・洗面ボールなど、最近のトレンド情報を交え、一つ一つ丁寧に説明して頂きました。

大判タイルのFABBRICAを使った展示や施工例の画像を見ながらの解説にも感動。
本物の木や石材と見間違えるよな物やデザイン性の高い物など様々。
今まであまり縁のなかった大判タイルですが、とても身近に感じられ、機会があったらぜひ使ってみたいと思いました。

その後は定例会で活発な意見交換が行われ、とても充実した時間になりました。

森美術館15周年記念展「建築の日本展」




ページをめくるたび、感動が蘇る図録


ミラノ万博・日本館木組インフィニティの再現


近代の名作家具に実際に座れるラウンジ空間


千利休作とされる現存唯一の茶室を原寸大で再現。実際に中に入って「わび」の空間を体験できます


近代建築の名作、丹下健三の自邸が1/3のスケールで再現されています



森美術館で開催中の「建築の日本展」

入口からいきなり、高さが5.3mもある格子の壁のお出迎え。
ミラノ万博2015日本館の時の立体木格子が再現されていているそうで、圧巻でした。

最初に受けた衝撃が最後まで!

古代からの素晴らしい建築の数々が模型や図面・画像などで紹介されていて、日本建築の素晴らしさに感動でした。

モダンリビングの下田さんが「図録を読んでからもう一度見にいきたい」とおっしゃっていたので、私も図録をゲット!

帰ってから図録を開くと、その時の感動が蘇り写真にうっとり…….
9月17日までなので、理解を深めて再挑戦したいと思います。